虹の橋の虹色

 

うちのこが長いお出かけに出て、このごろは、虹の橋のふもとにいるのかなって、考えることが増えています。

快適なのかなあ。お友達できたかなあ。日向ぼっこしてるかな。探検できたかな。

そしたら私は、うちのこのいる虹の橋を感じたくなってて。

お誕生日プレゼントに、虹色のマグとお皿をおねだりしました。

いつもは、お誕生日プレゼントいらないよっていうタイプなんですが、今年は「これが欲しい」っていうのがあった。

それが、届きました。

やさしい虹色カラー。マグカップだけど、うちのこのお花を飾る入れ物に。

 

それと、7色ではないんだけど、まるで虹のデザインの中皿をみつけた。

やさしい色合いで、ごはんの間にも、来客の時にもうちのこをそばに感じられそう。

 

うちのこがお出かけしてしまったことを、現実のことと思えず、思いたくなくて、虹の橋のお話すらも、心にしっくりこないなあと思っていた。

でも、うちのこは快適に過ごしているのかなあと想像しているうちに、だんだんと、虹の橋を身近に感じたくなってきました。

やさしい虹色を見ると、うちのこがクローバーの芝生の上で気持ちよさそうに日向ぼっこしているお顔が思い浮かびます。